やる気なし男の雑談日記

何事も中途半端な40代男が、日々気になることを書いていきます。

初めてのおこづかい

 小学2年生の息子には今までおこづかいをあげていませんでしたが、今月からあげることになりました。

 

 息子はまだ1人で遊びに行ったり、買い物をすることはないので、本人がおこづかいのことを言ってくるまで渡すつもりはありませんでしたが、「ドラえもん」を見ている影響か、最近になって「おこづかいほしい」と言ってきたのであげることにしました。

 

 おこづかいの金額は、一昔前だと学年×100円と聞きましたが、最近は相場が上がっていて、低学年では500円位が目安のようです。すぐ3年生になってしまうので、ひとまず2・3年生は500円にして、4年生以降は改めて考えることにしました。

 

 

 息子には、おこづかい帳をつけること、家庭によっておこづかいの有無やおこづかいの金額が違うので、金額(おこづかいのこと)は友達に言わないことを伝え、500円を渡しました。

 

 息子はとても喜んで、「何のお菓子買おうかなぁ」と考えていました。

 

 その後はおこづかい帳を渡して、書き方を説明し、早速書かせました。

 

 今までにもらったお年玉等の大半は貯金していますが、一部息子の財布に入れていたお金もあったので、手元にあるお金はおこづかい帳に記入することにし、2500円からのスタートとなりました。

 

 ただ最近の息子の外出は学校と家の往復だけで、特にお金を使う場面もないので、しばらくはおこづかいを渡しても、お財布に眠ったままになりそうです。