やる気なし雑談日記

何事も中途半端な40代が、日々気になることを書いていきます。

結婚記念日

 実際の日よりは数日後になってしまいましたが、6月恒例の結婚記念日の食事へ行ってきました。例年は洋のお店に行くことが多かったのですが、今回は妻が中華希望したということもあり、初めて中華のお店にしました。

 特別な日なので、料金はそこまで気にしていませんでしたが、外資系高級ホテル内のレストランということもあり、なかなかのお値段がしました。妻もメニューを見たときに、想像を超えていたようで、少し驚いていましたね。

 我々夫婦は年齢もあり、最近そこまでの量は食べないので、スカイツリーを眺めながら、1品1品美味しく頂きました。

 

東京23区 高校生の医療費無償化へ

 東京23区長で構成される特別区長会は、現在中学生までが対象の医療費無償化について、2023年度から高校生に拡大することを明らかにしました。所得制限や自己負担は設けないとのことです。

 息子が高校生にになったときにどのくらい医療費がかかるかわかりませんが、3年間無償化の範囲が広がるだけでも家計としては大変助かります。

 千代田区は現在でも高校生まで無償化となっていますが、その他の大半の区では中学生までの無償化だと思うので、一気に無償化の対象者が増えますね。

 先日出産費用に対する助成金出産育児一時金についても、現行の42万円から大幅に増額する意向との報道がありました。

 少子高齢化が著しいスピードで進行しているので、出産や子育てに関する助成が増え、少しでも安心して出産や子育てができる環境が整っていくことが望ましいです。

日能研全国テスト

 先週末小学4年生の息子が「日能研全国テスト」を受験し、先日その結果が返ってきました。 

 受験科目は、国語・算数の2科目でしたが、結果は算数が平均点より少し上、国語は平均以下で、2科目合計でも平均点以下でした。外部生については入塾テストも兼ねているのですが、この点数でも入塾資格は満たしたようで、テスト結果と一緒に「入室資格証」が同封されていました。日能研の入塾基準はよくわかりませんが、そこまで厳しくないのかもしれません。

 テストの問題を見てみましたが、算数・国語共に記述解答の問題があり、かつ、解答欄にかなりのスペースがあったので、中学受験向けの勉強をしていない息子にとってはかなり難しかったかもしれません。記述形式の解答欄はほとんどが空欄になっていました。但し、平均点はそれなりに高かったので、受験勉強している人は常にそのような問題を日々解いているんでしょうね。

 結果について、本人はそこまで気にしていない様子でしたが、「日能研の問題は難しいからもう受けない」と言っていたので、できなかったことに少なからずショックは受けたのかもしれません。もともとは本人が折り込みチラシを見て、受けたいと言って受けた試験なんですけどね。

 息子は塾には通っていますが、中学受験をしないクラスなので、今のまま学校の勉強と通っている塾の勉強をしっかりやってもらえればいいかなと思っています。

男女共同参画白書

 内閣府より、令和4年版の「男女共同参画白書」が公表されましたが、その中に以下のような調査結果がありました。

 

 ①20代独身男性の約4割がデート経験なし

  自分が20代の頃なんか、どうしたらかわいい女性と付き合えるかばかり考えていま したが、最近は恋愛に興味のない男性も増えているんですかね。ちなみに20代女性は、約2割~3割、30代男性は約3割、30代女性は約2割がデート経験なしと回答したようです。

 

 ②20代男性の約7割、20代女性の約5割に配偶者、恋人無し

  こればかりはタイミングもあり、本人の意思だけではどうにもならないことなので仕方がないですね。最近はコロナの影響もあり、なかなか新しい出会いを作ることが難しいというのも理由の1つにあるかもしれません。

 

 ③30代男女ともに4人に1人以上に結婚の意思なし

  20代男性で2割、20代女性で約1割、30代では男性・女性ともに約3割が結婚の意思なしと回答したようです。結婚したいと思わない理由は、結婚に縛られたくない・自由でいたい、結婚するほど好きな人に巡り合っていない、結婚生活を送る経済力がない・仕事が不安定といったものが多いようです。自分はもともと結婚願望があり30代前半で結婚しましたが、身近な同年代でも結婚していない人はそれなりにいるので、結婚していないことが特別なことではなくなっている気がします。

 

 年々少子高齢化も加速していて、2021年は出生数が約82万人と6年連続で過去最少だったようです。先日テスラCEOのイーロン・マスク氏が日本人は「いずれ存在しなくなる」とツイートしたそうですが、あながち嘘とも言えないかもしれません。

 

 最近は結婚しないのも自由、子どもを持たないのも自由と何かと自由と言われていて、もちろん強制されるものではないですが、自由を選んだ結果がのちに自分たちに跳ね返ってくるということだけは理解しておく必要があると思います。

コロナワクチン3回目接種

 2回目を10月に打ったので、8ヶ月間隔が空いてしまいましたが、本日コロナワクチンの3回目を接種してきました。 

 3回目の接種率は、全人口比でまだ60%程のようですね。

 

 午前9時頃に近所でファイザーのワクチンを接種しましたが、今のところ副反応らしき症状は出ていません。天気がいいので出かけたいところですが、今日は家でおとなしく過ごすことにします。

 

 翌日になって、発熱はありませんでしたが、頭痛と体の重さが1日中ありました。3日目の今日も少し頭痛が残っています。副反応の1種ですかね。(6月6日追記)

 

 4回目の接種は、60才以上又は18歳から60歳未満で、基礎疾患のある人や新型コロナウイルス感染症にかかった場合の重症化リスクが高いと医師が認める人が対象のようなので、ひとまずワクチン接種は今回で終了です。

 

 なかなかコロナの終息が見えませんが、通常に早く戻ってほしいと思います。

【家計簿】2022年5月収支

  5月最終日なので5月の収支をまとめた結果、2万円の黒字となりました。

 

 5月の主なは変動費は以下の通りです。

 食費:126,000円

 被服費:28,000円

 家庭用品:30,000円

 衛生消耗品費:34,000円

 理美容費:12,000円

 電気代:19,000円(3月20日~4月19日分)

 ガス代:8,000円(4月19日~5月19日分)

 水道代:10,000円

 通信料:16,000円(携帯電話2台、固定電話)

 交通費:36,000円

 塾代:12,000円

 学校関連:14,000円

 テレビ関連:27,000円(NHK年払い他)

 

 4月からメインで使うクレジットカードを変更したため、締日の関係で2ヶ月分支払うことになった費目もあり、5月は収支が悪化しました。

 6月からはカードの支払いが通常サイクルに戻るので、黒字化の拡大を目指します。

 

 金融資産残高2,000万円まで残り105万円。