やる気なし男の雑談日記

何事も中途半端な40代男が、日々気になることを書いていきます。

息子とカレーを作る

 息子が夜ご飯に「バーモントカレー」を食べたいと言うので、休みで時間もあることだし、小3の息子と一緒にカレーを作ることにしました。

 

 自分はめったに料理はしませんが、するときはレシピを忠実に守るタイプなので、今回もパッケージに記載の材料を使用します。

 

 但し、パッケージに記載の材料は、12皿分(ルーを1箱使い切る量)と多いため、今回はその半分の量にしました。

 

 材料(6皿分)

・カレールー(甘口)・・・・・半量

・肉(豚コマ)・・・・・・・・250g

・玉ねぎ・・・・・・・・・・・2個

・じゃがいも・・・・・・・・・1.5個

・にんじん・・・・・・・・・・0.5本

・サラダ油大さじ・・・・・・・1杯

・水・・・・・・・・・・・・・750ml

 

 今回は甘口を使うため、さらにあまくなってしまうので、はちみつは使用しません。

 

 まずは野菜の下ごしらえから。じゃがいもとにんじんの皮むきのために、ピーラーの使い方を教えます。野菜を押さえながらやるのは難しそうなので、野菜は押さえてあげ、ピーラーで皮をむくのをやってもらいました。

 

 次に、ほとんど包丁を使ったことが無い息子に、妻が包丁の使い方と野菜を押さえる猫の手を教えます。

 

 包丁で野菜を切り始めると、にんじんやじゃがいもが硬いこともあり、野菜を押さえる手がだんだん開いてきて、手でわしづかみで押さえるので、指が包丁の下に行かないか、気が気ではありませんでした。

 

 玉ねぎは涙が出るからやらないと言うので、自分が皮剥きと切るところまでやったら、野菜を炒めるために鍋に投入します。

f:id:FunnyM0ney:20210504002122j:plain

息子 野菜を炒める

 

 玉ねぎがしんなりするまで炒めたら、水を入れて15分ほど中火で煮込みます。

 

 また、豚肉はフライパンで少し火を通した後、水を入れた鍋に投入します。

 

 あくを取りながら15分具材を煮込んだら、ついにルーを鍋に投入します。ルー1つ分溶かすところを息子に見せたら、やりたいと言うので、残りは息子に任せました。 

f:id:FunnyM0ney:20210504002255j:plain

息子 ルーを溶かす

 ルーが溶けたら、最後はとろみがつくまで10分ほどかき混ぜながら煮込んだら完成です。

 

 さすがぶれない昔ながらの味。とてもおいしくいただきました。

f:id:FunnyM0ney:20210504002409j:plain

カレーライス完成