やる気なし男の雑談日記

何事も中途半端な40代男が、日々気になることを書いていきます。

研修の不正受講により会計士処分

 大手監査法人の会計士45人が、法律で義務付けられている研修を不正に受講し単位を取得したため、減給など懲戒処分を受ける可能性があるそうです。単位取得に必要なe-learningの研修を、多重ログインして受講していたとのこと。

 

 公認会計士登録した後は、継続的専門研修(CPE)を3年で120単位取得しなければなりません。

 

 自分も監査法人にいた頃は、定期的に社内の研修を受け、必要な単位に足りない分はe-learningを見て単位を取得していました。今は一般の事業会社で経理をしており、法定監査には従事していないため、研修免除の申請をして研修は免除されています。

 

 監査法人に勤めていた時には、CPE研修ではありませんが、補修所(会計士試験合格後に監査法人で実務を経験しながら勉強しに通う研修所)のe-learningでも同じようなことがありました。その時は、会計士協会から監査法人に連絡が来て、該当者は呼び出されていました。

 

 そしてそのあとすぐに、e-learningのシステム改良がなされて、多重ログインができなくなりました。 

 

 確かに仕事が忙しくて研修を受ける時間がなかなか無いかもしれませんが、会計士と名乗って仕事をしている以上、きっちり必要な研修は受講しないといけませんね。