やる気なし男の雑談日記

何事も中途半端な40代男が、日々気になることを書いていきます。

お父さん先生

 小学校低学年の子どもの勉強は、学校の宿題等は妻が、学校外の勉強は自分が見ています。夜は仕事の帰りが日によってまちまちのため、自分は朝起きてから、朝ごはんの前に子どもの勉強を見ています。

  

 平日・休日ともに6時に目覚ましがなり、子どもに野菜ジュースを飲ませて、それから勉強の時間となりますが、子どものテンションが日によってまちまちなので、早い日はすぐに勉強を始めますが、遅い日は始めるのが6時半位になります。

 

 平日の朝勉強しているのは、主に「こどもちゃれんじ」です。学校の教科書と同じ内容で、1日のボリュームも少ないので、平日は毎日欠かさずやるようにしています。

 

 休日はもう少し遅く起きたいところですが、子どもが平日と同じ時間に目覚ましをかけて起きるので、結果的に一緒に起きることになります。そして休日は子どもが選んで買ってきた市販のドリルを朝ごはんの前にやっています。

 

 こどもは算数は好きですが、国語が嫌いなので、算数は早く終わりますが、国語がなかなか終わりません。国語は文章読解か漢字のどちらかが1回分の範囲ですが、文章読解が特に嫌いなので、文章読解の日は一緒に文章を読んであげます。

 

 また、漢字は練習の時点ではゆっくり丁寧に書いてほしいのですが、あまりに強制するとすぐにやる気を失うので、書き順と字があきらかに間違っていなければ、字が多少汚くても、その点はあまり言わないことにしています。

 

 今のところ中学受験をさせるつもりはないですが、学校の勉強はある程度出来てほしいので、引き続き子どもの朝勉に付き合っていきたいと思います。