やる気なし男の雑談日記

何事も中途半端な40代男が、日々気になることを書いていきます。

家計簿、石の上にも三年。

 我が家では、自分が家計管理をし、家計簿もつけています。家計簿はフリーソフトを使用していますが、2010年11月からつけ始めたため、つけ始めてからもうすぐ10年になります。(その前に1年程エクセルでつけていました。)

 

 家計簿をつけ始めたのは、今の妻との結婚を意識したことがきっかけでした。その頃は実家に住んでおり、家にお金は入れていたものの、自然と貯金ができていました。

 

 しかし、結婚していずれ子供ができるかもと考えると、結婚後はお金を自由に使えなくなるため、まずは家計簿をつけて月々の収支を把握することが目的でした。

 

 その結果、家計簿をつけてみると、貯金はできているものの思いのほか無駄なお金を使っていることがわかり、その後は結婚に向けて、徐々に無駄遣いを減らしていくことができました。

 

 また、結婚してからも、お互いの性格もあり、自分がそのまま家計簿をつけることになったため、結果として10年近く家計簿を続けています。

 

 よく家計簿を続けるこつとして、あまり細かい金額にはこだわらなくてもいいと言われますが、自分は細かい性格なので、細かく円単位で記入しています。それでも月末には不明な金額が発生することもありますが・・・・

 

 最近は銀行口座と連携する家計簿アプリのサービスが出てきていますが、 今のところ使う予定はありません。お金の動きをサービスの提供会社に知られてしまうというのが一番大きいですが、他には家計簿をつけることで、毎月何にお金を使ったか振り返るいい機会にもなっているためです。

 

 今使用しているフリーソフトがいつまで使い続けられるのかわかりませんが、これからも10年、20年と家計簿を付けていきたいと思います。